月別アーカイブ: 2014年8月

iPad

治療の説明を患者様に分かりやすく伝える為に、ツールの一つとして当院ではiPadを活用しています。

 
先日、お盆休み中に「真夏の12時間耐久セミナーiPad活用講座&iPadで学ぶ解剖学」なるセミナーに参加してきました。そのタイトルの通り、朝10時から12時間近くあるセミナーで体力的にはきつかったですが、大変勉強になりました。今まで知っていたけど使いこなせていなかったアプリや新しいiPadの活用法を学んできました。

 
「今は、骨盤の状態はこうなっていてここの筋肉や関節に負担がかかってます」と言葉だけで説明してもなかなか理解しづらいですが、iPadで写真やイラストをお見せしながら伝えるとイメージがわきやすくなり、よりご自分の今の状態を把握して頂きやすくなると思います。

 

iPadだけにこだわらずに、より分かりやすい説明を目指しています。ご自分の体の状態や治療についてご不明な点や分からない事があればご遠慮なくご質問下さいませ!

 

当院の「痛くない整体」施術について

今日、初めて来院された患者様から「整体って初めて受けるんですけど、『整体』って何ですか?」とご質問頂きました。

 
大辞林によると、整体とは「手などの力で、骨格のゆがみを矯正し、身体の均斉をとることにより、健康増進・体質改善などをはかること。」という事になります。

 
当院で行う、おがわ輝根本治療は分かりやすく言うと、「整体」です。

 
独自の検査で症状の原因となっている骨格のゆがみを明らかにして、機械を使わずに、手のみで身体のバランスを整えていきます。

 

そして、当院の施術は「痛くない整体」です。力ずくで骨をボキボキならしたり、無理なストレッチなどはおこなうような事はしません。ソフトな刺激で整体施術をおこないますので、全く体に負担がかかりません。

 
幼稚園に通うお子様から、上は90歳を超える方、そして妊婦の方も当院の施術を安心してお受け頂いています。

 
整体って痛くないかしら?ボキボキされるのかしら?と今まで思っていた方は当院の施術を受けてみてはいかがでしょうか。

腰椎椎間板ヘルニアは自然に治る?

背骨は椎骨と呼ばれる骨がひとつひとつ重なっていますが、椎骨と椎骨の間には椎間板と呼ばれるクッションの役割をするものが存在します。この椎間板に強い圧力が加わったりする事で、中身のゼリー状の髄核と呼ばれるものが飛び出して神経を刺激してしまう状態が椎間板ヘルニアで、腰椎に起こるものを「腰椎椎間板ヘルニア」といいます。

 

代表的な症状は、急性の激しい腰や足の痛みやしびれです。

 

この腰の痛みや足のしびれなど症状は、前かがみの姿勢になったり椅子に座った時に特に強くなる傾向があります。強い麻痺、足に力が入らないような筋力の低下があれば手術を検討しなければなりませんが、そうでなければそのほとんどは自然に回復します。

 

飛び出した髄核は自然に吸収される例が多いのです。

 

最低3ヶ月は手術をせず、椎間板に負担のかからない生活をこころがけて下さい。

 

体のねじれや左右のアンバランス、悪い姿勢などは椎間板の一部に極端な圧力をかける原因になります。当院の施術は、ソフトな刺激で体のバランスを整えていきます。

 

腰椎椎間板ヘルニアでお悩みの方は是非一度ご相談下さい。