関節リウマチについて

Share on Facebook

手足の第2関節、第3関節や手首や足首の関節が腫れて痛い、と感じている方は「関節リウマチ」が疑われます。

 
加えて、症状が左右対称に現れている、朝に関節がこわばる、微熱や倦怠感がある、といった方はその可能性が高いです。

 
関節リウマチはイメージとして、年配の方がなる病気と思われるかもしれませんが実際は、働き盛りの30〜50歳の方に多く発症し、女性の占める割合が男性の約4倍になります。

 
もし、ご自分の症状が「関節リウマチかな?」と思われたら、リウマチ専門医を受診して血液検査を受けて下さい。早期に発見し早期に治療を開始する事が関節リウマチには有効です。

コメントは受け付けていません。