人間の頭は重たい!

Share on Facebook

人間の頭の重さは、約5kgあると言われています。

 
5kgというと500mlのペットボトルが10本です。ボーリングの球も大体5kgです。想像してください。結構重たいものが首の上に乗っているのです。首や肩はこの重い頭を常に支えているので、筋肉にも相当な負担がかかっています。

 
頭の位置によっても首や肩にかかる負担は変わってきます。

 
例えば、頭が体より前方にあるような姿勢をとっている時は首や肩の筋肉の負担が増大します。体の中心にある背骨で頭を支えられないのでほぼ筋肉で支える事になるのです。

 
重たい頭を首、肩の筋肉で支える事になってしまうと、常に筋肉は緊張した状態が続きます。筋肉の中の血管は圧迫されて血の流れが悪くなります。血の流れ、血流が悪くなると筋肉に十分な酸素が供給されず、乳酸などの疲労物質・痛み物質が生じて痛みやこり、不快感を感じるようになってしまうのです。肩こり、首こりの状態です。

 
では、重たい頭をうまく支えるにはどうすればいいのか?

 
それは、常に背骨で支えられる位置に頭を持ってくるような姿勢をとる事です。そうする事で首、肩の筋肉の負担が減り筋肉の緊張がとれて肩こりや痛みはなくなっていきます。肩こりになったからといって、姿勢が改善されなければいくら首や肩の筋肉をマッサージしてもまた同じ状態に戻ります。根本から肩こりの原因をなくしていきましょう。

コメントは受け付けていません。